明日はわが身、備えよ常に

今朝5時33分頃、大きな揺れを感じた。

私は起きてパソコンに向かってる時だった。

揺れ始めて「えっ?まさか地震?」
すぐに携帯の防災警報が鳴った。

揺れを感じながら、時間帯も同じぐらいで、冷静に18年前の阪神淡路大震災の記憶がよみがえた。

あの時みたいな激しい揺れじゃないけど、何処かに被害がありそうな揺れ。

揺れがおさまるまで、考えたこと。
「家建て替えててよかったー。前の古い家やったら、めちゃ怖かったやろな〜」でした。

揺れてても妙に安心感があった。

揺れがおさまったらKちゃんもおばあちゃんもリビングに集まってきた。

そしてテレビをつけてみた。

b0182008_22465860.jpg


淡路島が震源地でM6.3
私が住んでるところは震度4ぐらい。

気になる津波の心配もなし。

すぐに離れて暮らしている娘達に連絡をとった。

携帯は普通に通じた。

上の娘はすぐに連絡とれて無事を確認。

下の娘は夜勤だと知ってたからメールだけして返事を待った。

夜勤明けの時間9時半頃返事がきた。

「夜勤だったから仕事中やった、大丈夫」

それから、実家にメールしたり義理姉にメールしたり、Twitterにつぶやいたりした。

家も周りも全然被害ないから普通に生活してたけど、JRは神戸線とか昼過ぎまでストップしていたらしい。

b0182008_22465884.jpg

b0182008_22465964.jpg


夕刊には「18年前の大震災の余震か」って書いてある。

18年前の阪神淡路大震災の時はほんとに震えるほど怖かった。

余震もずっと続いてお風呂にはいるのが怖かったことを思い出した。

すぐに避難できるように、枕元にはスリッパと避難用リュックを用意してた。

それが、いつの間にか防災グッズすら忘れていた。

東日本大震災が起こって、防災グッズって思ったけど、その時はなかなか電池も手に入らなくて 少しおさまってからって考えてたら、あっという間に今日になっていた。

絶対今回こそは、防災グッズをちゃんと備えとかないと。

離れて暮らす家族との連絡方法も確認しておかないと。

今回は大したことなかったけど、これが未曾有の大震災だったら 携帯もつながらなくなる。

b0182008_22465949.jpg


ちょうど、一週間前ぐらいにポイントで防災グッズのセットをもらったところだった。

これに、水、マスク、カイロ、チョコレート、カロリーメイト、飴など追加して入れておこう。

「震災は忘れた頃にやってくる」
「備えよ常に」

また、震源地淡路島のこの地震による被害の状況をみてビックリしました。
一日も早く 普段の日常が取り戻せるようにお祈りします。
by bravo1212 | 2013-04-13 22:12 | 日常のお話